●2020.1/25(土)渋谷区立松濤美術館『サラ・ベルナールの世界展』会期中イベント【felticoすかし百合のブローチづくりワークショップ】を開催します。

パリ世紀末ベル・エポックに咲いた華
『サラ・ベルナールの世界展』@渋谷区立松濤美術館
会期:12/7(Sat)- 2020.1/31(Fri)
19世紀半ばから20世紀初頭にかけて活躍したフランス出身の女優サラ・ベルナール。のちのアールヌーヴォーの旗手となるミュシャ、ラリック、ロートレックなど若き芸術家たちの才能をいち早く見出した人物でもあります。華麗なベルエポック時代の世界を当時の貴重な写真、肖像画、舞台衣装や装飾品のほか、ミュシャ、ラリックによる作品をもとにサラの人生を通覧する日本初の展覧会です。
■会期中イベント
【feltico すかし百合のブローチづくりワークショップ】
サラ・ベルナールが『遠国の姫君』で身につけたラリック作の冠や、ミュシャの描いたポスターにもある「ユリ」をモティーフに、布花(ビロード)のブローチを作るワークショップを開催します。(おしべの色を赤と黄色からお選びいただけます。)
日時:2020年1月25日(土)
①午前11時~②午後2時~(約90分)
場所:渋谷区立松濤美術館 地下2階ホール https://shoto-museum.jp/
材料費:3000円(要入館料) 対象:小学校4年生以上
定員:各回15名(応募者多数の場合は抽選)
★事前申し込み制 ★1月7日(火)締切

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です